デオドラントは常に携帯!臭ったらすぐに対処

MENU

デオドラントをいつも携帯して応急処置をしよう

外出先でワキガが気になった時、大切な会議の前、仕事で出かける時など、臭いが心配になり始めさらに緊張して汗もどっとでてきてしまいますよね。お風呂に入れない状況でできるワキガ対策といえばデオドラント。いつも携帯しておくと安心ですよ。

 

デオドラントをいつも携帯して応急処置をしよう

 

デオドラントで応急処置する方法とは

  • 汗をかく前に使う
  • ワキガに効き目があるクリームを使う
  • 汗を拭いてから使うこと

以上3つの点を見ていきましょう。

 

デオドラントは汗をかく外出前に使おう

ワキガの人はいつもデオドラントを携帯しておかないといけません。持続力があるクリームタイプでも万が一のことってありますよね。

 

緊張して冷や汗をかいてしまう場面があると、クリームも塗り直しが必要になる場合があります。こんな手間を省くためにはまず自分がワキガ体質であることを自覚して、常にエチケットをする意識を持ってください。

 

とくに外出する場合、しっかり臭いを予防するケアが必要になりますので、必ず出かける前にデオドラントを使っておきましょう。

 

ワキガはスプレーでなく効果の高いクリームを使う

スプレータイプのデオドラントを携帯して外出するのもよいのですが、臭いの種類や使い方によっては全く効き目を発揮しません。ワキガケアに携帯するのならクリームやジェルタイプの方がオススメ。

 

外出先だと何度も塗り直しするチャンスはないので、持続力が勝負ですよね。ワキガクリームは有効成分が肌にしっかり浸み込んでいくため、汗ですぐに流れてしまうスプレーよりも効果がでやすいですよ。

 

中学生や高校生の部活前もクリームなら汗をかいても臭いの心配はありませんね。

 

外出先でデオドラントを使う時は必ず汗を拭きとってから

外出先でデオドラントを使う時は、いきなりワキに塗ってしまう前に必ず汗を拭きとりましょう。ワキガは臭いの要因になる汗を減らすことで菌の繁殖を軽減できます。

 

臭いが強い状態はすでに汗成分をエサにして菌が増殖していますので、一番の理想は殺菌成分を配合したデオドラントシートを使ってワキを綺麗にふく方法です。

 

でもシートを持っていない時はティッシュを使ってもOK。この際のコツは乾いたものでなく水で少し濡らしたもので肌をふき取った方が臭い成分が薄くなるため効果があります。

              

関連ページ

洋服を着替えて臭いを抑えること
ワキガは肌直接につく臭いだけでなく、つい油断してしまうのが衣類の臭いです。肌が綺麗でも衣類に菌が付着していたらまた肌に菌がついてしまうため、悪循環の繰り返しになりますよね。外出中のワキガ対策では洋服を着替えることもメリットになります。
急な場面でワキ汗を抑える効果的な方法について
ワキガは汗が原因になりますので、外出先で汗だくになってしまうと臭いが心配になりますよね。デオドラントも持っていない、着替えもできない、そんな状況の場合はワキ汗をできるだけ止めることが臭いの予防につながります。ではどうやったらワキ汗って減らすことができるのでしょうか。外出先でできる方法について見ていきましょう。
朝シャワーが抑制に効き目を発揮する理由
朝の忙しい時間にシャワーを浴びる余裕がある人って少ないと思います。しかしワキガ対策をするためには外出する前のちょっとした行いが臭いの予防に大変効果を発揮します。朝シャワーが与えるワキガへのメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。
このページの先頭へ