ワキガの臭いはこまめな着替えで軽減できる!

MENU

洋服を着替えてワキガの臭いを抑えること

ワキガは肌直接につく臭いだけでなく、つい油断してしまうのが衣類の臭いです。肌が綺麗でも衣類に菌が付着していたらまた肌に菌がついてしまうため、悪循環の繰り返しになりますよね。外出中のワキガ対策では洋服を着替えることもメリットになります。

 

洋服を着替えてワキガの臭いを抑えること

 

洋服についたワキガの臭いを減らすには

  • 衣類を着替える
  • 汗取りパッドを使う
  • 洗濯時の注意

以上3つの点について見てきましょう。

 

衣類の臭い菌を取り除くには綺麗な洋服に着替えること

外出先でワキガが心配になった時に覚えておきたいことは、肌の汚れや雑菌だけでなく衣類についた汗成分にも注意が必要な点です。菌が繁殖しやすいのは高温多湿の環境で、ワキガは衣類の素材によっても菌が増殖しやすくなってしまいます。

 

外出先でしっかりワキガケアをするならば下着や洋服を着替えることも重要です。肌を綺麗にデオドラントシートでふき取っても、衣類の付着した汗成分が体温によって菌の繁殖元になってしまうのです。

 

汗取りパッドを使い汗を効率的に吸い取る

体の発汗機能を止めることは自然な働きなので不可能ですよね。ワキガはアポクリン腺の汗を少しでも減らすことが対策のコツですが、汗かきの人や汗をかきやすい環境にいる場合はうまく汗の対処をしましょう。

 

汗取りパッドというとても便利なグッズがあります。洋服に貼り付けて使うものや使い捨てタイプなどもありますので、汗染み予防のためにもいつも携帯しておくとよいでしょう。

 

脇汗は緊張した時に一気に出てきますよね。外出先では思いがけないシチュエーションもありますので、汗をかくことを想定しておく点も忘れてはいけませんよ。

 

洗濯した洋服はしっかり乾燥させないと臭いの原因

洗濯ものが半乾きの状態は菌が繁殖しやすくなっています。線維のなかで臭い菌が繁殖している状態で洋服を着てもワキガの臭いを悪化させるだけ。

 

また衣類についた汗成分をしっかり洗い流さないと洗濯してもすでに菌が残っている状態です。殺菌成分入りの洗濯洗剤や衣類の殺菌消臭スプレーを活用するのもとてもよい方法なのでぜひプラスしてみましょう。

              

関連ページ

デオドラントをいつも携帯して応急処置をしよう
外出先でワキガが気になった時、大切な会議の前、仕事で出かける時など、臭いが心配になり始めさらに緊張して汗もどっとでてきてしまいますよね。お風呂に入れない状況でできるワキガ対策といえばデオドラント。いつも携帯しておくと安心ですよ。
急な場面でワキ汗を抑える効果的な方法について
ワキガは汗が原因になりますので、外出先で汗だくになってしまうと臭いが心配になりますよね。デオドラントも持っていない、着替えもできない、そんな状況の場合はワキ汗をできるだけ止めることが臭いの予防につながります。ではどうやったらワキ汗って減らすことができるのでしょうか。外出先でできる方法について見ていきましょう。
朝シャワーが抑制に効き目を発揮する理由
朝の忙しい時間にシャワーを浴びる余裕がある人って少ないと思います。しかしワキガ対策をするためには外出する前のちょっとした行いが臭いの予防に大変効果を発揮します。朝シャワーが与えるワキガへのメリットにはどのようなことがあるのでしょうか。
このページの先頭へ