ワキガ対策の基本!汗の本当の臭いについて知っておこう

MENU

臭い対策の基礎!汗の本当の臭いについて

汗臭い、とよく人はいいますがそもそも汗の臭いってどんなものだご存知ですか?体質によって汗の臭いは皆さん違いますよね。性別や年齢によっても異なりますし、食べ物でも体臭が変わってしまいます。頑固なワキガ対策のためにぜひ知っておきたい汗の臭いについてご紹介したいと思います。

 

臭い対策の基礎!汗の本当の臭いについて

 

汗には良いものと悪いものがあるって本当?

汗臭いという表現を聞くと、汗自体に臭いがあると誤解してしまいます。でも本来汗って無臭なものだって知ってましたか?体内の余分な塩分が多く含まれる私たちの汗は、若干塩のような臭いがすることがあっても汗がワキガの臭いではありません。

 

たとえばジョギングをして汗を大量にかいた時、すぐに鼻にツンとくるような臭いを発生することって少ないですよね。運動中の額からぼたぼた垂れる汗は良い汗で無色無臭といわれています。

 

しかし時間が経過すると皮膚の常在菌や皮脂により菌が繁殖して嫌な臭いへと変わってしまいます。そして食生活で動物性たんぱく質を多く摂る方、アルコールや喫煙など体内にたまる老廃物が多い人ほど汗腺から出る汗には、常在菌が好む餌が多く含まれています。

 

体がでる汗はアポクリン腺とエクリン腺の2種類

私たちの体からでる汗は「アポクリン腺」と「エクリン腺」と呼ばれる2種類の汗腺がありワキガの原因になるのがアポクリン腺です。

 

アポクリン腺は特定の部位にしかなく、ワキやデリケートゾーン、耳の穴、足の指などに多くこれらの場所はいつも不快な臭いがでやすいですよね。アポクリン腺の汗にはアンモニア成分やたんぱく質が多いため、菌が好む特徴があります。

 

逆にエクリン腺は体に200万~300万個ほど存在し、90%以上が水分のため臭いはありません。エクリン腺は運動した時の汗で、アポクリン腺は緊張した時などストレスによって刺激されることも多いため、単なる汗かき体質でなくワキガと判断されてしまいます。

 

汗を抑えて菌の繁殖を抑制することがワキガ対策の基本

ワキガはあらゆる角度から対処することが一番効果的な方法です。汗を抑える・菌の繁殖を抑える・皮脂をコントロールする、さらに体内の老廃物を出しやすくしてデトックスすることも必要です。

 

何よりも重要なのは毎日の効果的な臭いのエチケット。ワキガクリームで殺菌・制汗すれば効果が持続しやすくアポクリン腺の汗に的確に効果を発揮できますので、頑固な臭いでも安心ですね。

              

ワキガクリーム人気ランキングのトップへ

関連ページ

臭いは誰にでもあるもの!大切なのはエチケットのタイミング
汗臭い、という経験は皆さん必ずあると思います。体臭は誰にでもあるもので一番大切なのはどうやってエチケットするか、自分の臭いを理解して的確な臭いケアをすることです。効果が高いデオドラント商品を買っても、使い方を間違ってしまったら効果は発揮できませんよ。
ケアの基本は必ず無臭タイプを選ぶこと
色々なデオドラントがありますが香料の違いで選ぶ人も多いと思います。フローラル系、さわやか系などまるでボディスプレーみたいによい香りになるタイプがありますよね。普段のお洒落に香りは欠かせませんが、デオドラントを選ぶ時は無香料にしたほうが良いメリットが色々あるんです。早速その理由について詳しく見ていきましょう。
このページの先頭へ